よくわかる食物アレルギー(江東区・北砂・柳沢ファミリークリニック)

 

 柳沢ファミリークリニックは、江東区・北砂にある内科・小児科・皮膚科のかかりつけ医院です。当診療所ではかかりつけ医院として幅広い症状に対応しています。 「やなくり」で検索してください。

・ 江東区北砂5-14-3 砂町銀座商店街東入り口すぐ
・ 📞 03-6458ー7818
・ 休日診療(土曜日・日曜日)
・ 夜間診療 平日夜7時まで

 

● 食物アレルギーとは?

  食物アレルギーのほとんどが即時型アレルギー反応で、原因食物の食後30分から2‐3時間で発症します。
  近年、新しいタイプの食物アレルギーとして、口腔アレルギー症候群や食物依存性運動誘発アナフィラキシーが注目 されています(下記に詳細あり)。

 

 食物アレルギーの検査は?

 ・特異的IgE抗体:採血検査のため、アナフィラキシーリスクはありません。結果が出るまでに数日かかります。

 ・プリックテスト:皮膚を傷つけて抗原液をたらし、皮膚の発赤で反応を見ます。30分から1時間で判定できます。
          アナフィラキシーのリスクがあります。

 

● 食物アレルギーの原因

 0-6歳:1位 鶏卵  2位 牛乳  3位 小麦  4位 ピーナッツ

 7-19歳:1位 甲殻類  2位 鶏卵 3位 そば  4位小麦

 

 口腔アレルギー症候群(OAS)

 原因食物を咀嚼中・嚥下直後に発症する超急性の食物アレルギーです。
 原因:バラ科の果実に多い。リンゴ・モモ・メロン・サクランボ・イチゴ
 加熱や発酵で食べられることもあります。プリックテストで陰性だったら、少量から摂食可能です。
 また、抗アレルギー剤の内服でOASの症状が軽くなることもあります。

 

● 食物依存性運動誘発アナフィラキシー

  原因食品摂食後30分から2時間以内に激しい運動をするとアナフィラキシーショックを引き起こす方がいます。
  一部の解熱鎮痛剤で起こりやすくなることがあります。
  原因食物を食べた後2‐3時間は散歩も含め運動は一切禁止する必要があります。
  原因:小麦 エビ カニ

 

 

 お問い合わせは当院窓口か電話でどうぞ。 電話03‐6458-7818