よくわかるジンマシン(江東区・北砂・柳沢ファミリークリニック)

 

 柳沢ファミリークリニックは、江東区・北砂にある内科・小児科・皮膚科のかかりつけ医院です。当診療所ではかかりつけ医院として幅広い症状に対応しています。 「やなくり」で検索してください。

・ 江東区北砂5-14-3 砂町銀座商店街東入り口すぐ
・ 📞 03-6458ー7818
・ 休日診療(土曜日・日曜日)
・ 夜間診療 平日夜7時まで

 

● ジンマシン(蕁麻疹)とは?

 ・ジンマシンの起きる仕組み

 ジンマシンになると皮膚が赤く腫れ、かゆくなります。ジンマシンの作用はマスト細胞が放出するヒスタミンという物質によって起こります。ヒスタミンが血管に作用すると、血管中の血漿成分が外側に漏れ出ます。そのため皮膚が赤く腫れあがります。また、ヒスタミンはかゆみを引き起こします。

 

 ・ジンマシンの原因

 ジンマシンの原因はアレルギーと関係するものと無関係のものがあります。マスト細胞からヒスタミンを放出させる刺激はすべてジンマシンの原因になる可能性があるので、原因を特定することは困難ですが、一般的には薬、食べ物、虫刺され、感染、ストレス、物理的な刺激などが考えられます。

 

● ジンマシンにならないための日常生活のポイント

 ・原因をさぐるよう努める

 どのようなときにジンマシンがでるか自分で気をつけていましょう。医師の診察を受けるときには自分の意見を参考にして血液テスト、皮膚テスト、除去・負荷試験などで検査してもらいましょう。

 

 ・原因を避ける

 原因を特定することができたらその原因を日常生活からなるべく除きましょう。

 

 ・飲酒避ける

 飲酒は血行が良くなりジンマシンができやすくなります。なるべく飲まないようにしましょう。

 

 ・着色料や防腐剤の入った食品はなるべく避ける

 食品に使用される着色料や防腐剤の中にはジンマシンをできやすくするものがあります。

 

 ・アスピリンやそのほかの解熱鎮痛薬はなるべく使わない

 アスピリンや非ステロイド系消炎鎮痛剤はジンマシンを誘発することがあります。注意して使いましょう。

 

 ・かぜをひかないように気を付ける

 風邪をひくとジンマシンが起こりやすくなります。風邪をひかないように普段から気を付けましょう。

 

 ・慢性ジンマシンでは体調管理をしっかりと

 難治性の慢性ジンマシンではまれにほかの病気が潜んでいることがあります。健康診断を受けるなどこまめに体調をチェックしましょう。

 

 ・皮膚をかいたり圧迫することを避ける

 皮膚をかいたり圧迫したりするとジンマシンがひどくなります。かゆくてもがまんです。

 

 ・ストレスがたまらないようにする

 精神的ストレスはジンマシンの要因の一つです。ストレスを解消する方法を見つけましょう。

 

 ・医師の指示にしたがって気長に治療する

 急性のジンマシンは1か月ほどで治りますが、慢性ジンマシンは気長に治療する必要があります。さまざまな薬がありますので、医師と相談しながら自分にあった薬をみつけて根気よく治療しましょう。処方された薬が身体にあわなかったり効果があまりないと思う場合には率直に医師に相談しましょう。患者と医師が二人三脚で治療にあたることが症状改善への近道です。

 

 ジンマシンの治療

 ジンマシンの治療では、多くの場合マスト細胞から放出されるヒスタミンの作用を抑える薬を使います。また、炎症がひどい場合には状況によってステロイド外用薬を併用します。

 

 

 お問い合わせは当院窓口か電話でどうぞ。 電話03‐6458-7818