よくわかニキビ(江東区・北砂・柳沢ファミリークリニック)

 

 柳沢ファミリークリニックは、江東区・北砂にある内科・小児科・皮膚科のかかりつけ医院です。当診療所ではかかりつけ医院として幅広い症状に対応しています。 「やなくり」で検索してください。

・ 江東区北砂5-14-3 砂町銀座商店街東入り口すぐ
・ 📞 03-6458ー7818
・ 休日診療(土曜日・日曜日)
・ 夜間診療 平日夜7時まで

 

● にきびとは?

 ニキビは正式には「尋常性痤そう」と言います。ニキビは毛穴に皮脂が溜まることがきっかけとなります。思春期のニキビは性ホルモンの増加によって皮脂の分泌が活発になることが原因です。20代以降のおとなニキビ(ふきでもの)には、月経、乾燥肌、皮膚のバリア機能の低下、便秘、不規則な生活、ストレス、ホルモンバランスの乱れなど様々な原因があります。

 

 健康な肌ではつねに皮脂腺で皮脂ががつくられ、毛穴から分泌されています。分泌された皮脂腺は肌を覆い、肌の健康を守っています。

 古い角質が角栓となって毛穴をふさいだり、性ホルモンの分泌量が増えて皮脂の分泌が多くなると皮脂が毛穴のなかに溜まり「面ほう(コメド)」ができます。

 

 面ほう(コメド)の中は皮脂が溜まり、酸素が不足した状況になります。このような面ほうの中は「アクネ菌」が増殖する格好の環境です。

 面ほうの中でアクネ菌が増殖すると炎症がおこり、ニキビは赤く盛り上がって「紅色丘疹」となったり膿が溜まって「膿疱」となります。

 

 さらに炎症が悪化すると毛穴の壁が破壊され、皮下に「嚢腫」とよばれる膿の袋ができたり、固く盛り上がって「硬結」になったりします。

 炎症が強くなるとニキビが治っても「瘢痕」というニキビあとになってしまいますので、早めに治療することが重要です。

 

● ニキビ肌のスキンケア

 ・ニキビはつぶしてはいけません‼

 ニキビにさわったりつぶしたりすると化膿してニキビあとを残す原因になります。なるべく触らないようにしましょう。

 

 ・ニキビ肌のメイク

 メイクは毛穴をふさぐためニキビ悪化の原因になります。メイクが必要な場合にはノンコメドジェニック製品や油性成分を含まないオイルフリーのものを選びましょう。

 メイクする場合には毛穴をふさがず、ニキビを目立たなくする工夫をしましょう。赤いニキビが気になる場合は、グリーン系(補色系)の化粧下地やパウダーファンデーション、またはフェイスパウダーを使うと目立たなくなります。さらに、アイメイクやリップメイクによって視線をニキビではなく目や口に集まるようにします。

 帰宅後はすぐにクレンジングを使ってやさしくメイクを洗い流しましょう。

 

 ・ニキビ肌の洗顔

 洗顔は余分な皮脂と汚れを落とし、毛穴を開くため重要です。ただし、ゴシゴシ洗うとニキビを刺激し、悪化させますので、気を付けてください。

 まず、洗顔料を手に取り、しっかり泡立てます。肌を刺激しないようにやさしく泡で顔を洗います。洗顔料が残ると刺激になるので、しっかりと洗顔料を洗い落とします。

 

 ・ニキビ肌ノ保湿

 おとなニキビでは角質の保水機能が低下し、乾燥しやすくなっている場合があります。このような場合には保湿も重要です。

 洗顔後は肌が乾燥しやすいので、化粧水を使いましょう。乾燥している場合には保湿効果の高いノンコメドジェニックの美容液や乳液、保湿薬などを使用しましょう。

 

 

 ニキビを悪化させない生活習慣

 ・食事

 チョコレートやナッツなど特定の食べ物がニキビを悪化させるとよく言われますが、医学的な根拠はありません。ただし、脂肪分を多く含む食品は避け、1日3食バランスの良い食事を心がけましょう。

 

 ・頭髪と衣服

 自宅では額やあごに髪や服がふれて刺激にならないように、髪を上げるなどの工夫をしましょう。服は刺激の少ない生地のものを選びましょう。

 

 ・入浴とシャワー

 毎日入浴やシャワーで肌を清潔に保ちます。リンスやシャンプー、石鹸などが残らないようによく体を洗い流しましょう。

 

 ・睡眠とストレス

 睡眠不足はニキビの悪化につながります。十分な睡眠をとりましょう。また、ストレスは内分泌系を刺激し、ニキビの悪化の原因となります。ストレスや疲れを溜めないように趣味や適度の運動を日々の生活に取り入れましょう。

 

 ニキビの治療

 ニキビを悪化させると「ニキビあと」となり、ずっと残ってしまいます。ニキビあとを残さないためにも適切な治療が必要です。すぐに効果が出なくてもニキビあとを残さないために医師の指示通り治療を続けてください。

 

 ・面ほうの治療

 面ほうは毛穴のつまりや皮脂の分泌過剰によって起こります。そのため、面ほうの治療には毛穴のつまりを除去するアダバレンや過酸化ベンゾイルなどのお薬が使われます。

 

 ・紅色丘疹、膿疱の治療

 面ほうの中でアクネ菌が増殖すると炎症が起こります。このような場合には毛穴のつまりを除去するアダバレンや過酸化ベンゾイルなどに加えてアクネ菌を殺す抗菌薬や炎症を鎮める抗炎症薬を用います。

 

 ・アダバレン

 アダバレンは表皮のレチノイン酸受容体に結合し、表皮角化細胞の分化を抑制します。皮膚の角化がおさえられることで、ニキビになりにくくなります。ニキビの治療というよりはニキビの予防的なお薬です。出来始めにしようします。

 アダバレンはディフェリン(ディフェリンゲル)という名称で処方されています。ディフェリンゲルは2008年に国内で認可された薬で大変よく効きますが、最初の一週間くらいは肌が赤くなります。赤くなってもそのうち慣れてきますので、自分の判断で中止しないで医師にご相談ください。

 

 ・過酸化ベンゾイル

 過酸化ベンゾイルはベピオゲルの名称で処方されている新しいニキビ治療薬です。過酸化ベンゾイルはアクネ菌の増殖を抑え、ピーリング効果によって毛穴のつまりをなくします。ピーリング効果があるので、肌が赤くなり、ヒリヒリした感じがしますが、このような感覚は通常1~2か月でなくなります。

 

 

 ニキビが気になる方は早めにご相談ください。

 

 お問い合わせは当院窓口か電話でどうぞ。 電話03‐6458-7818